消費者金融のキャッシングでお金を借りる

 

消費者金融でお金を借りる

一昔前は消費者金融でお金を借りるというととてもイメージが悪かったのではないかと思います。ドラマなどの影響もあり、消費者金融=暴力団とのかかわりがある会社と思われがちですが、実際はそのようなことはなく、ドラマに出てくるようなイメージの貸金業者はヤミ金融になります。

 

消費者金融は貸金業法という法律の規制の下で、健全な経営を行っている会社の方が圧倒的に多くなっています。お金を借りるというと多くの人は銀行をイメージし、審査がなかなか通らない、時間がかかるということを想像しますが、消費者金融でお金を借りる時にはかなりスピーディーな審査によって、最短では30分程度で申込から融資実行までを行ってくれるという会社もあります。

 

中には初回契約時には30日間は無利息で融資を行ってくれるというサービスもあります。計画的に利用すれば便利な消費者金融ですので、お金に困った時には消費者金融でお金を借りるということも考えてみてはいかがでしょうか。当然ですが、申し込んだからと言って必ず借入が可能なわけではなく、審査によって融資をしてもらうことが出来ない場合もありますので注意してください。

消費者金融を選ぶポイント 

消費者金融を選ぶポイントというのはどのような点があるのでしょうか。

 

まず多くの場合には最高貸付額と金利を考えると思います。金利は低い方が当然返済するときに負担が減りますから良いのですが、意外に盲点になっているのが返済方式というものになります。実は同一の金額を融資してもらい、金利が同率だとしても、総返済額が異なるケースがあります。それは返済方式が異なるからです。主な種類としては、残高スライドリボルビング返済方式や定率リボルビング方式、残高スライド元利定額返済方式、元利均等返済方式など実にさまざまになります。

 

まずは一度借入を検討している消費者金融の公式サイトなどから、返済計画のシュミレーションをしてみて総返済額がいくらになるのかをチェックしてみると良いですね。この他に、申込から審査・融資決定までのスピードや、借入が出来る提携ATMの多さなどによっても借りやすさが異なってきますので選ぶポイントにしておきたいところです。

 

また最近では初回限定ですが30日間程度無利息のサービスを行っている会社もありますので、この点も選ぶポイントにしてみてください。

総量規制について知識を深めておく

消費者金融や信販会社などは貸金業法という法律によって規制を受けています。

 

実はこの貸金業法によって総量規制という規制が掛けられています。この規制の内容は、個人の借入総額は原則として年収の三分の一以下に制限されるというものになります。借入総額というのは、貸金業者1社が個人の年収の三分の一まで融資をすることが出来るというのではなく、個人が貸金業法で規制を受けている業者すべてからの融資の合計が三分の一以下でなければなりません。

 

では、消費者金融や信販会社などはその個人が他の貸金業者で幾らの融資を受けているのかという情報をどのようにして得るのでしょうか。実は消費者金融などは、新たな融資の申込があった場合には、指定信用情報機関というところに登録されている個人信用情報を照会して他の貸金業者からの借入残高を調査することが義務付けられています。同時に、貸金業者は照会を行ったという情報を登録することになります。

 

この総量規制は貸金業法で規制されている貸金業者にのみ適用になりますので、銀行法で規制をされている銀行の貸付の場合には総量規制の対象外になります。

金融会社で異なる!?在籍確認・本人確認について

消費者金融のカードローンやキャッシングに申込みをすると、審査の過程で在籍確認や本人確認が行われます。これは申込書に記載されている内容が正しいのかをチェックするという理由もありますし、申込みをした人が本当に本人であるのかを確認する為でもあります。

 

つまり、虚偽による申込の場合には審査で落とされてしまいます。消費者金融の場合、担保や保証人が不要な分、個人の信用をもって融資を行うという特徴があります。つまり、その申込者がちゃんと返済することが出来るかどうかを審査で確かめます。何かしらの理由で本人ではない人が本人と偽って申し込みをしていた。ということがあってはなりません。

 

またカードローンやキャッシングは安定した収入があり、返済能力がある人でなければ申し込みをすることが出来ませんが、本当に返済能力があるかどうかをちゃんと申込書に記載されている会社に在籍しているのかどうかということを確認することで審査をするということもあります。最近では在籍確認は行わず、本人確認のみを携帯電話などのメールで行うという消費者金融も出てきているようですので、もし何かしらの理由で在籍確認は困るという人はそのような消費者金融に申込みをしてみてはいかがでしょうか。